てててDIY部~作るはたのしがまぐちと日々のこと

ハンドメイドや日々のいろいろなことを 不定期に綴ります、

ダイソーの10㎝の口金でがま口の保冷ポーチを作ってみました!

10㎝の角形の口金を使って保冷ポーチを作ってみました。これからの暑い季節にちょつとしたお菓子などを持ち歩くのに便利です。ファスナータイプの保冷ポーチもありますが、がま口で作ってみてみたらパウチ飲料がちょうど入るポーチになりました。

最初はセリアので購入した10㎝の口金で作る予定でしたが、セリアの10㎝のブレイズさんの口金が終売のようなので、急遽おなじサイズのダイソーの口金で作ることにしました。ダイソーの口金とセリアの口金の違いは、ダイソーの口金の方が溝の幅が広いこと、片側にストラップなどをつけるカンがついていることぐらいで、サイズはほぼ同じです。


※追記 今日セリアに行ったらブレイズさんの口金が復活していました。先日店員さんに聞いたときは終売になっているとのことでしたが良かったです。



型紙は同梱のものを縦の長さを18.5㎝にマチ2㎝に変更して使用しました。




自分で1から型紙を作る場合は口金の外のラインを写して縦の長さを18.5㎝にして、横を2.5㎝広げます。底のマチは2㎝にします。(出来上がりは4㎝)




パウチ飲料を入れたまま飲むことができます。




片側にタブをつけてあるので、持ち手を付けて使うこともできます。




手芸用の保冷シートを初めて使いましたがとても縫いやすく、見た目もいい感じに仕上がりました。ただ少し表面がすべりやすいので、紙紐は縫い付けた方が口金が付けやすいと思います。普段差し込みタイプの口金を使用するときは紙紐を縫い付けることはしないのですが今回は縫い付けてから入れ込みました。




とりあえず簡単な動画を撮影しましたが詳しい作り方は、後日紹介します。

急に暑くなったので、取り急ぎ記事にしました!参考にしてください。



www.youtube.com


ミニがま口のアクセサリーケースの作り方

豆口金を使ったミニがま口も十字まちにしてみました!

十字まちのがま口の型紙も基本が解れば意外に簡単です。今回紹介するのは4㎝の豆口金を使ったとても小さながま口です。アクセサリーやお薬などちょっとした小物を入れるのにお使いいただけます。




この口金を使った縫わずに作れるがま口はよく紹介されています。ちょっとしたハギレで簡単に作れるので、私もハンドメイドサイトで販売する為にいくつか作りました。カンつきなのでキーホルダーやストラップやボールチェーンなどを付けることができます。

こちらは以前作ったミニがま口です


口金はジャスミンの口金を使用しました。キーホルダーと鈴のセットで販売されています。(別のメーカーの口金でも型紙の作り方は同じです)




小さくて細かい作業が多いのですべて手縫いで作りました。もちろんミシン縫いでも大丈夫ですが、テレビを見ながらちょこちょこっと作れるので手縫いがおすすめです。型紙は前回紹介したセリアのプラフレームのがま口とは違い表地と裏地を別の型紙で作りました。




*材料

4㎝の豆口金セット(紙紐なし)
紙紐
表地
裏地
布接着芯
キルト芯
ボンド


*作り方

①型紙を作ります。基本の型紙を作り、表袋用、裏袋用の2種類の型紙をつくります。


②表用接着心裏用キルト心を縫い代なしで裁断しアイロンで生地に張りつけてから5㎜の縫い代を付けて裁断します。
(縫い代をつけない部分は画像を参考にしてください)




③表地の前と横の生地を中表に合わせて待ち針で止めて本返し縫いをします。



  
④2組共縫えたら縫い代を割り、中表に合わせて待ち針で止めて本返し縫いをします。縫えたらアイロンで縫い代を割ります。



 
⑤裏地は底を輪にして中表にして止めます。縦の線を縫いさらにまちをつまんで縫います。




⑥表袋を返して裏袋を入れます。表地の横の生地の縫い代は中心に切り込みを入れて折り込み待ち針で止めます。




⑦折り込んだ縫い代をボンドで貼ります。クリップで止めて貼っていないところを並み縫いします。




⑧口金を付けて口金の4隅をペンチでカシメます。




⑨形を整えて、セットのキーホルダーと鈴を付けて出来上がりです。




小さいのでがま口づくりの初心者さんでも失敗は少ないと思います。アクセサリーケースとして使うなら、内ポケットを付けるとより使い勝手がよくなります。

縦2㎝横3㎝の内ポケットを付けました




型紙のつくりかたはこちらの動画で紹介しています。

www.youtube.com







同じ口金を使用して2本用のスリムペンケースも作りました。口金の付け方はこちらを参考にしてください。

www.youtube.com


コンパクトでかさばらず、ちょっとだけ筆記用具を持ち歩きたい時にちょうどよいサイズです。作り方は動画を参考にしてください。動画は帆布生地を使用したので表地に接着芯を貼らずに作りましたが、薄い生地を使用する場合はミニがま口と同様に表地に布接着芯を貼ってください。こちらも簡単でおすすめです。








tanoshi-88-tukuru.hatenablog.com

初心者でも大丈夫!セリアのプラフレームで十字まちのがま口

久々のブログ更新になります。

書かなくなると書けなくなる…。

不定期ですが、またぼちぼち更新していこうと思っていますのでよろしくお願いします。

今回紹介するのはセリアの9㎝のプラフレームを使った十字マチのがま口の型紙と作り方の紹介です。前々からマチ別布のがま口もかわいいなぁと思っていたのですが、なかなか作れていませんでした。新しく購入したキルトゲイトさんの生地を組み合わせて作るために、どうすれば簡単に失敗なく作れるが考えて、自分で製図して作ってみたら、意外に簡単で可愛くできたので紹介します。

※セリアのプラフレームの口金は店舗によっては取り扱いしてないところもあります。お近くの店舗にない場合は取り寄せしてもらえる店舗もあるみたいなので一度お店の人に聞いてください。


型紙も縫製もシンプルでかんたんです。口金も縫いつけタイプなので失敗してもやり直しができるので初心者さんでも大丈夫です!

今回は表地も裏地も同じ型紙で作りました。裏地は使用する生地が1種類なので、別の型紙で作る方法もありますが、はじめての方にもわかりやすいように同じ型紙にしました。
また機会がありましたら紹介したいと思っています。


材料


セリアプラフレーム口金9㎝
表生地
裏生地
布接着芯
キルト芯
縫い糸、仮止めの糸、刺繍糸など


道具

ミシン
アイロン
まち針、縫い針
ハサミ、定規、型紙用の紙
チャコペンなど(印付け用)
ドライバーなど差し込み器具


型紙の作り方


①中心に垂直に交わる線を書きます

②縦の線を口金の中心に、横の線にリベットの中心を合わせて置きます。

③口金の内側のラインを写します。

④写したラインの5㎜外側の線を書きます。

⑤中心の縦の線から2.8㎝の線を引きます。

⑥そこからさらに2.8㎝(中心の線から5.6㎝)のところに線を引きます。

⑦上から10㎝のところに横の線を引きます。

⑧そこから2.8㎝のところに横の線を引きます。

⑨まちの中心になるところに向かって斜めの線で結びます。

⑩2.8㎝の線と5.8㎝の線で折って。前横それぞれの型紙を切ります。

⑪本体とまちをつなぐ線の角を丸くカットします。

型紙の作り方は動画でも説明しています。こちらを参考にしてください。


www.youtube.com



作り方

①表地用の接着芯、裏地用のキルト芯を縫い代無しで裁断します。

②アイロンで芯を張り付けてから印を付けて5㎜の縫い代で生地を裁断します。

③表地の前と横の生地をまち針で止めてまちの中心から一辺縫います。2組とも縫えたそれを中表にあわせて端から端まで縫います。

④同じように裏地も縫います。

⑤裏袋を返して表袋のなかに入れて中表に重ねます。

⑥返し口を開けて縫います。(手縫いでもミシン縫いでも大丈夫です)

⑦表に返して返し口を縫います。

⑧袋ができたら、プラフレームを仮止めします。

⑨仮止めをはずしながら3本取りの刺繍糸で縫います。

⑩端から2番目の穴から針をさして1目戻り、端から並みぬいの要領で縫い付けます。端まできたら戻って縫えていないところを縫っていきます。初めのところに戻ったら、2.3回たま結びして、同じ穴に針を通し糸を裏側に回して糸を切り完成です。




今回使用した生地はキルトゲイトさんの新作の生地です。布地はシーチングよりも少し薄手のシャーティング生地です。薄手の生地なので表地にはしっかりめの布接着芯を使いました。とても可愛かったので少しずつですが、色々買ってしまったので、しばらくハンドメイドに忙しくなりそうです。



たくさん作ってメルカリ販売予定です♪


詳しい作り方はこちらをご覧ください


www.youtube.com



15.5㎝のプラフレームの型紙はこちらの動画をご覧ください


www.youtube.com

セリアのしめ縄を購入しました!

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211117082404j:plain

昨日100均のセリアでしめ縄を購入しました。100均でしめ縄が並ぶのは12月に入ってからだと思っていたのでハンドメイド用に購入する者にとってははありがたいことです。昨年は喪中のためにお正月飾りは控えていたのですが、今年はまたつまみ細工でアレンジしょうと思っていました。もちろんハンドメイド用に手芸店などでも販売されていますが、100均のしめ縄をアレンジすると費用も抑えられますし、もともとついている飾りも使用できるのでおすすめです。今からだとゆっくり製作できますね。久々につまみ細工楽しみです♪

tanoshi-88-tukuru.hatenablog.com
tanoshi-88-tukuru.hatenablog.com
tanoshi-88-tukuru.hatenablog.com
tanoshi-88-tukuru.hatenablog.com

家にあるものでスマホケースを作りました。

最近は手帳型のスマホケースを使っている人は少なくなりましたね。私はなんとなく安心感があるのでスマホにしてからずっと手帳型を使用しています。

今使っているスマホは主人のお下がりのXperiaです。おじさんぽい合皮の手帳型のスマホケースもそのまま使用していましたが合皮が劣化してきたので、試しに家にあるもので手帳型のスマホケースを作ってみたら、意外に簡単で使えるものが出来たので紹介します。

スマホケースの作り方の基本は厚紙などで携帯ケースに合わせて型をとり芯を作り、表裏に布などを張り付けて。完成したら携帯ケースをボンドや両面テープで張り付けるだけです。ポケットなとが必要な場合は別布で付けます。

こちらは古いスマホケースです。参考のために解体しました。シリコンの携帯ケースは再利用しました。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211022220738j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211023110541p:plain

古いケースはマグネットて閉じるタイプて本体に2個と留め具に1個のマグネットが厚紙の芯にうめこまれていました。留め具付のものや芯にする厚紙を牛乳パックにしたり、厚紙と表裏共に布接着芯使用したもの、布に接着芯を貼らずに厚紙の芯だけで作ったものものなど5個試作しました。厚紙はメルカリの梱包用に保管してあったリサイクルの箱が薄いのにしっかりしていたので仕上がりが良かったです。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211023134148j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031140701j:plain



<手帳型スマホケースの作り方>


*材料

携帯ケース(プラスチック又はシリコン)

厚紙

不織布ハードタイフ接着芯(表地用、ポケット用)

布接着芯(裏地用)

表生地、裏地

木工用ボンド

縫い糸など





*作り方


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093227p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093551p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093425p:plain
古いスマホケースの外側の型を写しカメラ用の穴を開けて芯にする厚紙で型紙を作ります。(中に取り付ける携帯ケースの型を1.8㎝の幅を開けて2つ写したのとほぼ同じおおきさです)


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211023140430p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211023140418j:plain
型紙に合わせて接着芯を裁断します。裏地用はカメラの穴の位置が反対になります。接着芯を裁断したら、厚紙をパーツに切って芯を作ります。背表紙の所1.8㎝×と折り曲げるところ0.5㎝の厚紙は使いません。


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031145833p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031145846p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031150234p:plain
接着芯をアイロンで貼り5㎜の縫い代を付けて裁断します。


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031090145p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093646p:plain
表地に厚紙の芯を木工用ボンドで貼り付け縫い代を折り込みます。四隅とカメラ穴は切り込みを入れてから折ります。


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031231556p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031231534p:plain
ポケットの口をミシンで縫って裏地にポケットを付けてから四角を折り込みます。全体にボンドを付けて表地と裏地貼り付けます。芯のないところの段差は指でよく押さえます。


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031145000p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093859j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093926j:plain
ミシンでステッチをかけます


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031140515j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211023140403j:plain
最後に携帯ケースを張り付けて出来上がりです。ボンドか両面テープで貼り付けますが、シリコンの場合はボンドによっては使用出来ないものもあるので注意が必要です。両面テープも強力タイプのものを選び外れないか確認して使用してください。ちなみに私はニトムズのクッションフロア用の両面テープを使用しましたが、しっかりくっついています。


f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031140525j:plain
動画を立てて見ることもできます。



留め具なしでポケットも1つだけにしました。磁気の影響も気にしなくて良くなりました。見た目も思いの他うまくできたと自画自賛しています。




こちらは留め具付の試作品です。留め具が必要な場合は別布で作りはさみ込みます。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093803p:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211031093715j:plain

簡単なのでおすすめです。材料も100均のセリアで揃います。接着芯は布接着芯とクラフト用の片面接着芯を、厚紙は工作用の板目紙などを使用してください。

作り方の動画を作成していましたが、途中手順を間違えてしまい修正できなかったので動画より静止画を切り出して紹介しています。分かりにくいところもあると思います。動画撮影は難しいですね。

セリアの縫い付けプラフレームがま口を作ってみました

セリアのプラフレームの縫い付けタイプを使ってがまをつくりました。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211010074632j:plain

使用したのはセリアの8.5㎝の縫い付けタイプのプラフレーム口金です。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211011225847j:plain

生地はカラフルな口金に合わせてセリアで購入したサンリオキャラクターのクロミちゃんのカットクロスを使用しました。キャラクター生地は商用利用不可なのでプレゼント用に作りました。

基本のぺたんこのがま口と底マチ付きのミニがま口とちょっと大きめのダーツマチタイプを作りました。(30㎝×35㎝のカットクロスで3個分の生地がとれました)

型紙の書き方は普通の口金とほぼ同じですが、プラフレームの口金は外側をなぞるとフレームの厚みの分大きくなるので、内側をなぞり溝の深さ5㎜をプラスしたものを基本に線を引きでました。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211012014211j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211012014342j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211012015232j:plain

袋の仕立て方は普通のがま口と同じです。口金の縫い付け方は本返し縫いの要領で縫い付ける方法もありますが仮止めして、片方の端からから並みぬいをして端までいったら折り返して縫えていない部分を縫うという方法が簡単で綺麗にできました。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211011225354j:plain

同じ型紙で縦の長さを9㎝から15㎝にするとちょっとした化粧品を入れるのに使えそうです。 ペンケースは縦を縦19㎝にしてまちを2㎝にしました。幅も1㎝細くしてスッキリさせました。それでもペンが10本ぐらい入ります。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211012081651j:plain

縫い付けは3ヵ所仮止めをすると意外に簡単に縫い付けることができました。 簡単ですが内側から縫い付けた糸が見えるので縫い目がなかなか綺麗にそろわず何度かやり直しました。自分用ならいいのですが、プレゼントや販売用意にするものは気になります。縫い付ける糸と同系色の裏生地を選ぶと縫い目もさほど気になりません。


型紙の書き方はこちらの動画をご覧下さい

www.youtube.com

材料費はセリアで揃います。簡単ですので作ってみてくださいね。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211012081741j:plain


袋の仕立て方はこちらを参考にしてください。
tanoshi-88-tukuru.hatenablog.com

カルディーの南蛮えびスープの素のおすすめレシピ

以前紹介したカルディーの、南蛮えびスープの素が6月1日放送の家事やろうで紹介されて、一時的に品切れしていましたが現在は大丈夫のようです。人気の商品なので、店舗ではときどき売り切れていることがあるので、いつもまとめて2本ぐらい購入しています。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20211001212851j:plainf:id:tanoshi_88_tukuru:20211001212905j:plain


南蛮えびスープの素にはまっていろいろ試してみましたが、一番おすすめのレシピを紹介します。


f:id:tanoshi_88_tukuru:20210930151519j:plain


見た目は少々地味ですが・・・


カニかまとはくさいの春雨スープです。



材料
カニかま5本
白菜300g
春雨30g
水600cc
南蛮海老スープの素90cc(大さじ6)


白菜のは縦を5㎝ぐらいに切り細切りにします。
カニかま5本は縦に割きます。
お鍋に水を入れて白菜のカニかまを入れて加熱します。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20210930151708j:plain


白菜が柔らかくなったら南蛮海老スープの素を入れてよく混ぜます。

f:id:tanoshi_88_tukuru:20210930151736j:plain


最後に春雨を入れて3分煮込みます。



一応目安の分量を紹介しましたが、いつもは白菜の量も水の量も適当で薄めに味付けして、最後に味見して丁度よい味付けにしています。



簡単ですが、白菜が海老のスープ味を一層引き立てて私の中のではこの組み合わせが、今のところ1番おすすめです。残ったスープで雑炊を作るとこれがまた美味しい!
f:id:tanoshi_88_tukuru:20211002214535j:plain


朝夕涼しくなり、温かいスープが美味しい季節になってきましたね。
ぜひお試しください。